HOME >> 人材育成の取り組み

営業スタッフ

人材育成の考え方

クルマはご承知の通り非常に高額な商品であるとともに、購入後はお客様の大切な資産となります。ですから、クルマに携わる者として最低限必要となってくるのが、“ビジネスマナー”です。
同時にお客様に様々なシーンで“納得”いただくことが重要となってきます。例えば車検のご入庫をいただいたら、整備をして終わりではお客様は“納得”されるでしょうか?整備内容をきちんと説明しなければ、“納得”いただけないですよね。
当社の人材育成の基本的な考え方は、「高額な商品を扱うに相応しいスタッフづくり」、そして「お客様に“納得”を提供できるスタッフづくり」です。

「社内の教育制度」

新入社員導入研修(本部)・入社後5日間
当社の経営方針、ビジネスマナーを主に学びます。
メカニック研修(本部)・約2週間
クルマの部品名や機能を学びます。
メカニック研修(店舗)・約2ヶ月
サービスのビッグブラザー(先輩社員)とともに、お客様の車を整備します。
アドバイザー研修(本部)・1日
サービス受付・店頭応対のロープレを行います。
アドバイザー研修(店舗)・約1ヶ月
店舗のフロント(受付)にて、実際に各種受付業務を行います。
新人営業スタッフ研修(本部)・4日間
商品知識やロープレ等を通じ、営業スタッフとしての基礎を学びます。
新人営業スタッフ研修(店舗)・約2ヶ月
営業のビックブラザー(先輩社員)に同行し、営業の基本活動を学びます。
営業スタッフ研修(本部)・随時
実際に営業活動を始めた後も、集合研修を継続して行います。

当社では上記研修を通じ、スタッフへのサポートを定期的に行っていきます。入社後は覚えなければならないことはたくさんありますが、「クルマについて詳しくない」と不安に思っているあなたでも安心です!

「店舗でのOJT」

店舗でのメカニック研修・営業研修は基本的にビックブラザーと共に行動することになります。
メカニック研修では実際にお客様のお車を整備します。「自分に出来るかな?」と不安に思うでしょうが、ビックブラザーのチェックがありますので、心配いりません!しっかりとクルマの知識を習得して、将来自信を持ってお客様に説明できるようになることが大切なのです。自信の無さは自然とお客様に伝わってしまい、“納得”いただけない結果となってしまいます。
営業研修ではビックブラザーに同行し、実際の訪問活動や商談の中から、先輩の巧みな技?を“見て・聞いて”学ぶことが中心となります。同行活動を通じて学んだ基本がその後の営業活動の礎となっていくのです。

トヨタの教育制度

当社では社内研修だけではなく、愛知県にあるトヨタ自動車の研修センターで、全国の仲間と共に学び合う機会も設けます。同年代の仲間との研修は、自分の現状の再確認、そして更なるステップアップに繋がります。
また、トヨタには独自の検定制度があり(トヨタ営業スタッフ技能検定制度)、それぞれのレベル(3級~1級)にあったチャレンジを通じて、営業スタッフとしてのスキルアップを図ります。

サービススタッフ

人材育成の考え方

今は時代の変化とともに『来店集客型』のスタイルに変化しています。ですからサービススタッフからお客様に対して整備内容を分かりやすく説明したり、様々なアドバイスをしたりという、いわゆる「接客」する機会が多くあります。
車を整備する技術力の向上はもちろんのこと、お客様のカーライフをサポートするための様々な応対研修、資格習得を通して成長をサポートしていきます。

「社内の教育制度」

新入社員導入研修(本部)・入社後5日間
当社の経営方針、ビジネスマナーを主に学びます。
メカニック研修(本部)・約2週間
クルマの部品名や機能を学びます。
第一ステップ研修(本部)
新人サービス研修の総復習。
アドバイザー研修(本部)・1日
サービス受付・店頭応対のロープレを行います。
アドバイザー研修(店舗)・約1ヶ月
店舗のフロント(受付)にて、実際に各種受付業務を行います。
第二ステップ研修(本部)・月に一度
車の故障診断や計測手法を学びます。トヨタ3級試験に向けての勉強を行います。
第三ステップ研修(本部)・月に一度
エンジン制御の故障診断。電気系統の故障診断。
第四ステップ研修(本部)
トヨタ2級取得後、1年の実務経験の後。
エンジン制御の故障診断(高度故障診断)。HV車故障診断。
その他・随時

当社では上記研修を通じ、スタッフへのサポートを定期的に行っていきます。

「店舗でのOJT」

配属されてから最初に始めるのが”洗車”。お客様の車を自分の車の様に大事に洗う事によって、お客様に形として提供できる『始めの一歩』のサービスです。
そこから実際工場で先輩サービススタッフと一緒にお客様の車の整備を4ヶ月していきます。当社のメンテナンス項目である一ヶ月無料点検から車検に至るまで内容を把握しながら整備します。
その後、フロント(受付)でのアドバイザー研修を行い、ご来店のお客様の受付応対や整備受付等を実施しながらお客様とのやりとりを経験することにより、接客応対もしっかり身についたサービススタッフの育成をします。

頼れるサービススタッフとなるために・・・

総合職と同様、まず始めに本部でのメカニック研修を2週間行い、車の部品や機能面を確認も含めて学習します。
その後店舗への配属となりますが、月一回本部講習会があります。そこでエンジンオイルの交換整備から車検に至るまで、その整備を実際に行う前準備として基礎的な作業や整備の定義等を研修で学びます。
また、整備研修の他にもお客様に実際応対したり、車を引き渡したり、整備請求書をパソコンで作成したりという業務研修もします。
整備の技術の確認とこれから行う整備や業務や応対について、様々な事前準備として本部教育をしっかり行い、お客様に確実な整備と喜ばれる応対を目指しています。
自分がしっかり整備した車を「調子いいよ!また何かあったら頼むよ。」なんてお客様に言われたらうれしいですよね。

トヨタサービススタッフとして・・・・

トヨタには独自のサービススタッフ資格があり、技術トレーナーを中心にその資格習得に向けて各ステップを踏んでいきます。
更なる技術面の向上を目指して、日々の仕事に取り組む姿勢がトヨタサービススタッフの基本です。
また技術面だけでなく、実際お客様の車を整備するに当たって必要な業務もあります。そんな業務の資格習得もあり、腕も人間も磨くステップを当社はサポートしています。
「やっぱりトヨタさんは違うよね!」・・・そんな頼れるスタッフ育成を心掛けています。

TOPへ